住宅ローン複数審査の罠にはまってみた

この記事は約2分で読めます。

複数の住宅メーカーに希望プランを伝えて店舗併用住宅のプラン作成と平行して、提携金融機関の住宅ローンの提案もお願いしていた。そこで出揃った金融機関の金利や諸条件を比較して、候補の金融機関を絞り込もうと思ったのだ。ただ一部の金融機関の審査結果に違和感を覚えていた。

普段付き合いのある僕のメインバンクと、金利が最も低く融資を期待していたネット銀行からの融資可能額の評価が著しく低かったのだ。
うーん、メインバンクとネット銀行どちらも給与振込口座にしているし、長い付き合いになるのに、一体何故なのだろう?と腑に落ちないでいた。

後日、別の金融機関の営業担当と話す機会があったので、率直に「どうなんでしょう?」と質問してみた。すると意外な答えが…

住宅メーカーがそれぞれ複数の金融機関に、時間差で仮審査を申し込んだので、「個人信用情報の審査」の履歴が短期間のうちに溜まったみたいです。
金融機関はリスクを嫌うのはよくご存知だと思うのですが、いくつものの審査歴をあると「他の金融機関から断られたからウチに来たのではないか?」と身構えるかもしれません。
ですので、信用調査を何度も実施すると住宅ローンに不利になることがあると言われています。

なるほど。今回は、土地購入+店舗併用新築三階建の計画なので借り入れ額も多くなった。他の金融機関でNGだったので、いろんな金融機関に手当たり次第に申し込んでいるのでは?というネガティブな印象を与えてしまったのかもしれない。あくまでも推測だけど。

でもでも、それを答えてくれる銀行担当者さん、あなたの所はどうなのよ?と思ったが、大人の判断で彼なりに話せるのがこの内容なのだろう。つまり、彼の銀行でもネガティブ印象だったと思われる。

うむむ、言われてみればこのメインバンクと本命のネット銀行には、遅めに審査を出している。それによって想定以上に厳しい結果になった「可能性がある」という訳か。

なんだよ、これを事前に知ってたら、いくつものの住宅メーカー経由でいきなり銀行の仮審査まで申し込まなかったのになぁ、と嘆いてみても後の祭り…。

でもこれって、同じ罠に引っかかって涙を飲んでいる人が世の中にはたくさんいるんじゃないだろうか?やっぱり「無知は罪」ですねぇ、反省…。
僕のような「人柱」の苦い経験を活かして、皆様は限られたチャンスをちゃんと活かしてくださいね。

にほんブログ村 住まいブログ 賃貸併用住宅へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました