よくしゃべるコインランドリーの機械達

この記事は約2分で読めます。

最近の家電製品はよくしゃべると思いませんか?
リビングのテレビも、いつの頃からか予約した番組名を人工音声で読み上げてくれるようになった。正直しゃべらなくていいので、設定すれば音声は止められるんだろうけど、めんどくさいのでそのままにしている。

最近職場のエレベーターもソフトウェアがバージョンアップされて、更によくしゃべるようになった。いきなり「おはようございます、大変お待たせしました、どうぞお乗りください」と話しかけらた時には、思わず「失礼します」と会釈しそうになった。

さて、我が家のコインランドリーの洗濯乾燥機もよくしゃべってくれる。
洗濯乾燥機は「いらっしゃいませ」から始まり、コースボタン、硬貨投入、乾燥時間の延長の案内をしゃべり続けている。もちろん、洗濯完了のご案内も忘れない。

一方、乾燥機は洗濯乾燥機に比べると若干控えめなヤツ。「いらっしゃいませ」の挨拶はするものの、乾燥が乾燥したらブザー音だけ。ただ、これは妥当な判断だと思う。
なぜって、乾燥機は台数が多いし、1回の稼働時間が短いからあまり機械がシャベリすぎると「カエルの合唱」みたいになるから。
恐らく開発現場でテストした際に「こりゃダメだ、うざい」となったんだと思う。

閉店後の深夜、僕は全ての機械を順番に掃除する。
ドラムを拭こうと乾燥機の扉を開けると「いらっしゃいませ!」
2台同時にえいや!と開けて、ハモらせてみた……馬鹿なことやってないで早く寝よう。

掃除が終わり、店舗の電気を消して、最後にエアコンも消す

エアコン:運転を停止します。本日の電気代は8円です。クリーン運転を開始します。

エアコンよ、お前もか!そして8円はさすがに嘘だろ!エコが過ぎるぞ!
と、機械につっこんで本日の営業も終了する。お疲れ様でした。

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました