花粉の大量飛散の影響はあったのか!?コインランドリー稼働報告(2018年04月)

この記事は約2分で読めます。

今年の春は引越業者の手配ができない「引越難民」が話題になっていましたね。残業代の未払い問題があったヤマトなどの宅配業者が従業員の労働環境を改善したり、報酬を引き上げた為、ドライバーがそちらに流れて引越業者が人手不足になったとのこと。ただ、中長期的に見れば、やはり日本は少子高齢階による労働力不足なんだと思います。

僕は、昨年自宅の引越をしましたが、当日に来てくれたのは筋骨隆々のアルゼンチンの方でした。こういう力仕事は特に、パワフルな移民の皆さんに頼るのが現実的だなぁ、と重い冷蔵庫を軽々と運ぶ彼の背中を見て妙に納得してしまいました。線の細い日本人の若者が何人いても、この仕事はできないですから。

我が自宅兼コインランドリーの周辺でも、引越をする方をちらほら見かけました。付き合いのある不動産業者曰く、近くにコインランドリーがある賃貸物件は人気が上がるそうです。近くに引越して来た人達の中に、どれだけ潜在顧客がいるか、楽しみです。

さて、先月の記事でも触れた様に、今年はスギとヒノキ花粉が大量飛散しました。花粉症の方は洗濯物を外に干せないので、コインランドリーに来店してくれる可能性が高まります。果たしてその影響はあったのでしょうか?

それでは4月稼働報告です。(花粉情報と3月の実績はこちら
まずいつもの天気実績から。


4月前半はまったく降雨がなく、花粉が猛威を振るいました。ひどい花粉症に悩む職場の同僚は「目玉を取り出して洗いたい」ってこの天気をボヤいてましたね。



さて、それでは実績報告です。

対目標売上額:96.04%
稼働率グラフ乾燥機が青い線、洗濯機が茶色の線

週末に稼働が上がるのはいつも通りですが、晴天続きだったにも関わらず、8日と15日の日曜日に乾燥機の稼働率が40%を超えてきました。一方で月の後半は雨が降ったことと、スギ花粉の飛散がひと段落した影響もあってか週末の稼働は低調でした。

稼働率40%超えを月に2日間も記録したのは、昨年の11月以来、実に5ヶ月ぶり。乾燥機の平均稼働率は20%を超えていて、花粉症需要はあったと言えるかも。

ただ、肝心の対売上目標は、96.04%!くぅー惜しい!これで6ヶ月連続の目標未達です…。5月はGWでの旅行、運動会、衣替えシーズンの洗濯需要が想定できます。梅雨前に対売上目標、100%達成を目指します!(5月はこちら

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ にほんブログ村 住まいブログ 賃貸併用住宅へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました